カードローン印鑑いらない

  • スマホで手続きしている女性
  • 短時間で
  • カードローン利用の時は印鑑のいらない所で!

 

印鑑がいらないカードローンから!

 

Vサインをしている女性銀行や大手消費者金融のカードローンなら、申し込みの際に運転免許証だけで契約することも可能です。

 

ですが、銀行カードローンの場合、50万円を超える借り入れになる場合、源泉徴収票や給与明細が必要になるため、急いでいる時は上限金額を超えない、必要最小限の金額で申し込むのがポイントです。

 

また、消費者金融の場合、50万円以上もしくは他社借入を含め100万円を超える場合から収入証明書は必要になるため、あらかじめ総借入金額が超えないかどうかだけは、把握しておくことをおすすめします。

 

その他、どちらもインターネットや無人契約機を利用しても、印鑑がいらない状態で契約が可能なため、借入希望額に注意すれば、外出先や勤務先からでも契約が可能です。

 

比較してから借入即日融資を可能にする

 

ネットで申し込みをする時も印鑑不要!

 

消費者金融の店頭窓口や自動契約機で申込手続きをする時は契約書に印鑑を押して契約手続きをする事になります。

 

それで消費者金融でキャッシングをする時は印鑑が必要になると思っている人が多いです。

 

しかし最近ではスマホの普及によってWEB完結で申込手続きをする事が出来るようになっているので契約手続きの方法も変わってきています。

 

WEB完結で申込手続きをする時はホームページ上で契約手続きをする事になるので印鑑を押す必要がなくなっています。

 

ネットからが一番おすすめ!

 

 印鑑がいらない実印不要な契約と言えば、今はネットで手続きをすべて完了させるものが主流です。必要な書類などは画像化してアップロードすることでできますし、契約書などは電磁交付という形で行えるからです。こうした方法を使えば自宅への郵送物を無くすことも可能ですし、家族にバレずに使いたい方にもおすすめです。

 

プロミスやアコムも印鑑がいらないの?

 

タブレットを見て考えている主婦大手の消費者金融ではプロミスとアコムが最短1時間融資が可能になっているのでどちらかでキャッシングをしたいと考える人が多いです。

 

プロミスは自動契約機、アコムは無人契約機のむじんくんが全国各地に設置されていて申し込みをする時に契約書に印鑑を押す必要があります。

 

しかしプロミスとアコムは共にWEB完結で申し込みをする事も可能になっていて印鑑がいらない状態でキャッシングをする事が出来ます。

 

印鑑を持っていない時にプロミスやアコムでキャッシングをする必要が出てきた時はWEB完結で申し込むといいでしょう。

 

実印(はんこ)はSMBCモビットやアイフルも不必要!

 

キャッシングでお金を借りる手続きは会社によって違いますが、テレビCMを流しているような大手の会社は印鑑(はんこ)を使う必要がない場合がほとんどです。

 

例えば、三井住友銀行グループのSMBCモビットやアイフルはネットからの申し込みで手続きが完結しますので、はんこを使う必要がありません。

 

中小消費者金融のなかには契約書類が手書きで実印が必要という会社も存在しますが、有名な大手の会社を選べばはんこ不要になることが多いです。

 

必要なのは身分証明です!

 

 印鑑や実印はなくてもOKですが、絶対に必要になるのは運転免許証などの身分証明書類です。これがないとまず契約することは難しいでしょう。身分証明は住所などの記載情報が最新のものである必要があります。その点はしっかりと確認しておきましょう。借りる金額によっては収入を証明する書類も必要になります。

 

インターネットで契約ができる某銀行カードローンL社から!

 

スマホを持っている某銀行カードローンL社は、契約の際に印鑑は不要です。

 

また、毎月の返済を銀行口座から自動引き落としとする場合、インターネット上での手続きは指定の銀行なら印鑑が不要となり、生年月日や暗証番号、その他IDといった情報で済みます。

 

ですが、郵送で手続きを行う場合、申込用紙に届出印を捺す必要があるため、勤務先や外出先から契約および自動引き落としの手続きを済ませたい方はインターネットを利用するのがおすすめです。

 

本人のメールや口頭での確認でOK!印鑑登録証明書も不必要!

 

スマホを持っている印鑑登録証明書とは、キャッシング契約を行う際の必要書類に捺印された印鑑が本人の物であるという事を確かめる書類の事を指しています。

 

消費者金融によっては印鑑証明書の提出を省くこともでき、必要書類に捺印された印鑑を本人のメールや口頭による確認だけで審査が通過できる消費者金融も存在します。

 

即日融資キャッシングサービスを行う企業は印鑑証明書不要であることが多く、証明書の用意に時間が掛かってしまうという事からこのような手順の省略を行う消費者金融も存在します。

 

バレずに契約手続きができる!

 

消費者金融の店頭窓口や自動契約機でキャッシングの申し込みをする時は契約書に印鑑を押すので自宅から印鑑を持ってくる事になります。

 

それで自宅にいる家族が印鑑がない事に気づいてしまうとキャッシングをしている事がバレてしまう可能性があります。

 

しかしWEB完結で申し込みをすると印鑑がいらないので自宅から持ってくる必要がなくなります。

 

それで家族にキャッシングの事を内緒に出来るのでメリットに感じている人も多いです。

 

個人事業主の利用でも!

 

 個人事業主の方が消費者金融などのカードローンを利用する時も、印鑑は基本的には必要ないと考えてよいでしょう。銀行融資を組むとなると時間も手間もかかりますが、大手消費者金融なら最短即日から利用ができるケースが少なくありません。個人事業主の方もネットからのアクセスが一番早くて便利です。

 

銀行印や認印などを使うことはありません!

 

大手の消費者金融でお金を借りるときは紙の申込書に手書きで記入したり、契約書類に記入する必要ななく、インターネットや自動契約機で申し込みの手続きが完了します。

 

銀行印や認印などを使うことはありませんので、スムーズに手続きをすることができます。

 

印鑑を出してきて申込書に記入するとなると、親や兄弟など家族に知られてしまう可能性がありますが、スマホや自動契約機で手続きを終わらせることができれば秘密にしておくことができます。

 

運転免許証などの身分証明書の1点のみ!

 

運転免許証を持っている女性のイラストさらに、お金を借りるために準備する提出書類も最小限になっていますので、急いでいるときでも素早く手続きができます。

 

どんな場合でも必ず必要になる書類は運転免許証などの身分証明書の1点のみです。

 

借りる金額によっては収入証明が必要になることもありますが、借入れ希望額が50万円より少ないときは収入証明書が不要になることが多いです。

 

給与明細や賞与明細書なども準備する必要がありませんので、手元にある免許証か健康保険証だけでお金を借りる手続きができます。

 

50万円以下の場合は大半は印鑑がいらない!

 

銀行や大手消費者金融のカードローンであれば、場所によって一部異なりますが、ほとんどが印鑑が全くいらない契約ができ、借入希望額が50万円以下であれば、所得証明書も不要で身分証明書だけで済みます。

 

ですが、中小消費者金融のキャッシングローンの場合、証書貸付の契約となり契約書に印鑑を捺す必要があります。

 

証書貸付でも申し込み当日に振り込みによる融資が受けられ、後日契約書が送られ返送するといった会社もあります。

 

そのため、急いでいる時には証書貸付による契約方法にも注意が必要です。

 

結果的に印鑑不要もしくは一時的に印鑑が無くても借り入れ出来る会社は多くなっています。

 

急いでいるなら少ない準備で!

 

 急いでいるなら少ない準備で契約を行える場所を選択したいですよね。安全性と少ない準備を両立させているのは、大手消費者金融のカードローンです。CMなどでも宣伝されているように、審査回答まで最短30分という速さで行ってくれますし、印鑑不要で免許証などの少ない書類で契約を可能にしています。

 

顔写真が明確に張られていない必要書類は!?

 

キャッシング申し込み時に本人確認書類の提出を求められますが、書類に本人の顔写真が明確に張られていない場合は審査が受理されない可能性があるのです。

 

顔写真のない書類の例として「健康保険証」等が挙げられ、たとえこの書類しか自身を証明できる物を持っていなかったとしても、顔写真が貼られていないことに変わりはないので例外なく審査に落ちてしまう確率は高くなってしまいます。

 

契約書にシャチハタは不向き?そもそもシャチハタってなに?

 

「シャチハタ」とは、本体内部にインクが内蔵してあるハンコ全般の事を指しています。

 

届出・手続のような銀行や役所からによる契約書の捺印にシャチハタを使用するとほぼ間違いなく断られ、その理由としてシャチハタ製品は印面がゴムでできているためゴム部分が劣化し捺印として機能しない可能性がある事、インクではなく朱印による捺印でなければ認められない事が挙げられます。

 

シャチハタはあくまで印鑑の代用品であり、契約書といった重要書類の実印としてふさわしくない事がお断りの理由となります。

 

提出書類の違いは?

 

 印鑑なしで利用できるとしても提出書類には違いが生じる可能性があります。例えば貸してもらいたい金額を50万円以上で申告すると収入証明書の提出を求められる可能性が高くなります。また他の金融機関を既に利用しているケースや個人事業主の方でも収入証明書類や業務に関する証明書類が必要となるケースがあります。少ない書類でまずは契約したいなら限度額を低めに設定することです。

 


最短即日融資
来店不要
30日間無利息
年利 4.5%~17.8%
1万円~500万円まで

最短即日融資
来店不要
30日間無利息
年利3.0%〜18.0%
1万円〜800万円まで

最短即日融資
来店不要
バレずに借入が
年利3.0%〜18.0%
1万円〜800万円まで

【プロミス】※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資が できない場合があります。30日間無利息サービスは メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。ランキングは融資時間や年利、クチコミの評価などを総合的に判断した結果です。プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。【モビット】※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。当日振込には14:50までの振込手続完了が必要です。ランキングは融資時間や年利、クチコミの評価などを総合的に判断した結果です。

最短即日審査
来店不要
24時間
年利9.98%〜18.0%
50万円〜500万円まで

スピード診断
来店不要
無担保無保証※1
年利8.0%〜18.0%
1万円〜1000万円まで

経費の削減に
来店不要
安心安全便利
19種類以上の特典
資金運用の効率化も!

(※1 ただし、法人の場合は代表者様に、原則連帯保証をお願いします。)

最短1日買取
来店不要
4ステップで!
赤字・債務超過でも
24時間365日対応

最短即日
来店不要
赤字決済時も
全国幅広い業種で
10万~1億円まで

最短即日調達
来店不要
10秒無料診断
最大3億円の資金が!
銀行融資が断られても

※5.当サイトのランキング順等についてはコチラで説明させて頂いております。当サイトのランキングについて。

消費者金融総合ランキングのバナー

(※5.当サイトのランキング順等についてはコチラで説明させて頂いております。当サイトのランキングについて。